産み分けゼリーを比較すると、いろいろあって迷いますよね。ベイビーサポートやハローベビーをはじめとした、人気の産み分けゼリーについて独自に比較調査してみました!

徹底比較!ベイビーサポートやハローベビー、4種類の産み分けゼリー完全ガイド

ベイビーサポートが【妊娠しにくい】のウソホント。真実ベースで話します

2019年06月26日 16時11分

医療従事者や妊活夫婦がおススメする産み分け潤滑ゼリー、ベイビーサポート。
そんなベイビーサポートに妊娠しにくいっていう噂があるみたいです。

実は、ベイビーサポートが妊娠しにくい原因を作っているのではなく、ベイビーサポートを慎重に使いたい人が「タイミング法」を実践しているために、結果的に妊娠率が落ちていると言われています。

でも、ベイビーサポートボーイは男の子の、ベイビーサポートガールは女の子のもとになる精子を活発に活動させてくれるはたらきがあります。

ですから、ベイビーサポート自体は、精子が活動しやすい環境を整えてくれるので、むしろ妊娠を促進してくれる潤滑ゼリーなんですよ。

あと、妊娠しにくい産み分けゼリーだったら、4年間で50万本も売れてないんじゃないかなと、個人的には思います^^

安心して使って大丈夫ですよ!


>>ベイビーサポート公式キャンペーンサイト(最大30%OFF)




 

ベイビーサポートは妊娠しにくいという噂を調査

妊娠しにくいということであれば、人気はないはず…妊娠しにくいとなると産み分け以前の問題…

なぜベイビーサポートは妊娠しにくいと噂になっているのか、詳しくお伝えしていきます。
 

まず、調査している中で、ベイビーサポートが妊娠しにくいという噂の最大の理由がわかりました。

産み分けする人が使う潤滑ゼリーがベイビーサポートです。産み分けするときには、タイミング法が一番よく知られていますよね。

男の子が欲しい場合
・排卵日の当日

女の子が欲しい場合
・排卵日の2~3日前

例えば、女の子が欲しい人は排卵日の2~3日前以外は、避妊ということになりますよね。

その日に限定してしまうと、タイミングの回数が減る…これが、妊娠しにくいという噂の最大の理由です。

妊娠するには、不妊治療専門の病院でも、「タイミングはできるだけたくさんとりましょう」と言われます。
産み分けにこだわるあまり、タイミングをとる回数が少なくては、妊娠率が下がるのは当たり前ですよね。

また、40代妊活中の悩みの中で多いのが「タイミングの回数が減ってきた」があります。
その中で産み分けは、かなりピンポイントにタイミングをもたないといけない…これもストレスになりますよね。

ベイビーサポートは産み分けに特化した潤滑ゼリーです。ベイビーサポートを使えば、タイミングをとる日を気にせずに、いつでもタイミングをとって、妊娠する確率も上げて、さらに産み分けまでできるのです。

ベイビーサポートは副作用が心配?

では、次に出てくる疑問が「毎日使って副作用はないの?」「産み分けゼリーで障害のある子にならないの?」「頻繁に使って危険性は?」

タイミングの回数を増やして妊娠率は上がります。プラス、産み分けするには、毎回ベイビーサポートを使用するということになります。

使う頻度が増えるということは、ベイビーサポートが赤ちゃんへの危険性や障害になる可能性が気になりますよね。

障害の原因になったりしないの?

ベイビーサポートは、楽天リサーチで「妊活夫婦が安心して使用できる潤滑ゼリー 第1位」を獲得しています。
「ゼリーだけでなくすべてが日本製」がベイビーサポートの選ばれる理由の中に入っています。

ゼリーだけでなく、外箱も日本製です。さらに、品質・研究・開発までもがすべて日本国内で行われているという徹底ぶりです。

また、製造工場は手術室の環境基準となるクラス10000以下のクリーンルームと最新鋭の設備の中で作られています。これだけ安全性が徹底されているので危険性がないのはわかりますね。

日本製で、また徹底的に管理された環境で作られているので、赤ちゃんが障害になる可能性もみつかりません。危険性もなく、ベイビーサポートが原因で障害になる確率もないということは、信用して使えますね。

危険性はゼロって本当?

赤ちゃんができたとしても、副作用が出る危険性があるようでは使用を考えてしまいます。でも安心してください。副作用の危険性はありません。

なぜなら…

ベイビーサポートは今まで50万本売れています。これだけたくさん使用している人がいるのに、ベイビーサポートの副作用は一つも事例がないのです。

これってすごいですよね。これで危険性も障害になる心配もなく安心して使えますね。
 

ベイビーサポートの使い方とタイミングを解析!

安心安全なベイビーサポートですが、使い方とタイミングは簡単なのでしょうか?

準備に時間がかかったり…
使い方やタイミングが難しいと使う頻度も少なくなりますよね。
買ったのに使わないと、せっかくの産み分けもできなくなります。

使い方とタイミングを調べてみました。なんと、とっても簡単なのです!
使い方は驚きの「3STEP」です。

使い方① 容器を袋から取り出します
*容器は一本ずつ梱包されています

使い方② キャップを取り外します
*先端にキャップがついているので、取り外します

使い方③ ベイビーサポートを注入します
*本体を5cm程度、局部に注入し、ピストンを最後まで押します。

使い方はたったこれだけで完了です。これだと、夫婦どちらでもできますね。
一本使い切りというのも、簡単で衛生的です。

では、使用のタイミングはいつでしょう。
性交の直前です。

もし、性交のかなり前から準備するのであれば、準備していたのに、今日はする雰囲気でなくなった…となると一本無駄になりますよね。

性交の直前のタイミングで使用するのはありがたいです。

では、使っている時に、たまたまゼリーが目や口に入ってしまった…ってこともありえます。
ベイビーサポートは天然成分でできているので問題はありません。でも、万が一を考えて、目や口に入った時はすぐに洗い流しましょう。

また、お酒に酔った雰囲気でのタイミング…お酒を飲んでいる時に使っても大丈夫なのでしょうか?
ベイビーサポートの製品上は問題ありません。ただ、過度な飲酒は不妊症を発症するリスクが高まってしまうとう研究結果がでているようです。妊活中は過度な飲酒は控えましょう。

タイミングや回数にこだわるあまり、同じ日に何度かタイミングをとっておきたい時、ベイビーサポートを毎回使った方がいいのか気になるところです。
時間があいてしまうと、液体が流れ出てしまう可能性があるので、毎回一本使用しましよう。

使い方もタイミングも簡単なベイビーサポート。使用上の心配も解決して、人気の秘密に納得ですね。
 

  • ベイビーサポートガールの使い方

ベイビーサポートガールの使い方を押さえておきましょう。ベイビーサポートガールの使い方は、まず「タイミングをいつとるか」がとっても重要です。女の子の可能性が高まるのが「膣内が酸性の環境」の時です。

それが、ずばり…「排卵日2日前」です。ベイビーサポートガールは弱酸性でできています。膣内も酸性で、さらにベイビーサポートガールを使うことで、女の子ができる可能性をさらに高めることができますね。また、女性がオーガニズムを強く感じず、淡泊な性交の方が酸性の環境を保つことができます。

 
  • ベイビーサポートボーイの使い方

ベイビーサポートボーイの使い方はどうでしょう。男の子の場合、「膣内がアルカリ性の環境」の時です。これは期間が限られています。それは…「排卵日当日」です。

排卵日当日になると酸性が弱くなって、アルカリ性が強くなります。また、性交の時に、女性がオーガニズムを感じるとアルカリ性の粘液が増えて酸性を押さえる効果もあります。

さらに、ベイビーサポートボーイはアルカリ性のゼリーです。使い方をしっかり押さえて、産み分けの効果を高めていきましょう。
 

  • ベイビーサポートをインクリアと併用してもOK?

産み分けには膣内環境がとても大切ですね。そこで、膣内の自浄作用を高める洗浄器のインクリアを利用する人も多いです。では、同じゼリー状のベイビーサポートとインクリアは併用できるのか気になりますよね。

妊活中の方でベイビーサポートとインクリアを併用している方は多いです。生理終了後から毎日インクリアを使い、膣内を洗浄し健康に保ち、性交を持つ直前にベイビーサポートを使用します。

インクリアで膣内のpH値を正常に保ち、ベイビーサポートガールとベイビーサポートボーイの力をプラスして、産み分けの確率を上げていくことができます。

 

ベイビーサポートの成功確率はどのくらい?

産み分け潤滑ゼリーのベイビーサポートですが、その産み分けの確率がとっても気になります。
 

ベイビーサポートガールだとどのくらいの確率?

ベイビーサポートガールの使用で100%の確率で女の子ができるとは限りません。ただ、ゼリーの効果は約70%と言われています。

ベイビーサポートを使わなければ、タイミングに頼るしかないのです。
しかも、20代に比べると40代の妊活中の方は、タイミングの回数が減ってきている方が多いです。
そんな中で、タイミングの日が限定されるのはプレッシャーしかないですよね。

ベイビーサポートガールを使うことで、ガールの確率を約70%まで上げられるのは使う価値がありますね。
 

ベイビーサポートの効果を上げるために知っておくべきこと

もっと確率を上げたいと思うなら、女の子の産み分けの仕組みを知る必要があります。

赤ちゃんの性別は精子によって決まります。精子には、Y精子(ボーイ)とX精子(ガール)があります。
それぞれの精子にはお気に入りの膣内環境があるのです。

Y精子(ボーイ)はアルカリ性、X精子(ガール)は酸性の環境が好きなのです。
ということは…ガールの確率を上げるには、膣内をX精子の好きな酸性の環境にしてあげたいですね。

そこで出てくるのが…体内のpH値(酸性度)。この数値がとっても重要です。

ガール用…pH値が4.5-5の弱酸性です。
ボーイ用…pH値が7.5-8の弱アルカリ性です。

ベイビーサポートガールは弱酸性なので、ガールの精子が好む膣内環境になって、確率も上がり効果が期待できます。

これは、ベイビーサポートを使わない場合、ガールだと排卵日の2.3日前のみのタイミングにかけるしかないです。でもベイビーサポートを使うと妊娠の確率も上がって、pH値を調節できるのでガールの確率が上がる効果もあるということですね。

また、ベイビーサポートはママの体にも優しいのです。

体内のpH値(酸性度)は高すぎても低すぎても問題を起こすリスクがあります。
もし、ベイビーサポートのpH値に問題があると、ママの体にも負担がかかってしまいます。

ベイビーサポートはママの体もしっかりと考えられています。ママも安心して使える最適なpH値で作られています。

ただ、ベイビーサポートの産み分けの確率は100%ではないので、特に膣内が酸性になる排卵日の2.3日前はタイミングを持つようにしましよう。

正確な排卵日を知るためにも、基礎体温は最低3か月以上継続して記録しておきましょう。
生理周期や体の様子を知るには基礎体温の計測は必須です。

産み分けの確率を少しでも上げるためにも、継続して体温をチェックしましょう。

あなたもベイビーサポートで、素敵な妊活ライフを!


>>ベイビーサポート公式サイト(返金キャンペーン実施中)