産み分けゼリーを比較すると、いろいろあって迷いますよね。ベイビーサポートやハローベイビーを初めとした、人気の産み分けゼリーについて独自に比較調査してみました!

徹底比較!ベイビーサポートやハローベイビー、産み分けゼリー完全ガイド

R先生の完全確定ってどのくらいの確率?ベビーナブって何?

2018年11月22日 14時24分

R先生の完全確定って何%の確率なの?

ネットで早期性別診断をしてくださるR先生。R先生の赤ちゃんの性別判定では、完全確定の場合と、ほぼ確定の場合とで、言い方に違いがあるようです。言い回しの違いや、確率について調べてみました。
 

【完全確定と確定の違い】

まずは完全確定と確定の言い方の違いについてですが、R先生の性別判定で完全確定の判定では、

「完全確定です」

「男の子(or女の子)の可能性はないと言えます」

「女児(or男児)確定」

など、はっきりと断言する言い方をされます。

完全確定ではないけど、ほぼ確定の判定では、

「〜の可能性が濃厚です」

など、言い回し少しを変えることで、完全確定と確定の違いを区別しているようですね。
 

【確定の確率】

R先生の性別判定の確定の確率は次の通りです。

 

確定確率100% … 「完全確定」

確定確率95〜99% …「確定」

確定確率80〜95% … 「〜の可能性が濃厚です」

確定確率70% … 「〜の印象です」

確定確率60% … 「男の子(or女の子)寄り」

確定確率40% …「〜に思えます」「?」が付く

 

このように、確率によって言い回しに違いがあります。せっかくR先生に見てもらえるのだから、確率の高い判定がもらえたら嬉しいですよね。

ただ、R先生の性別判定は、週数が早すぎたり、写真や動画がキレイに撮れたものでない場合だと完全確定や確定の言葉はもらえません。

もう少し赤ちゃんが大きくなってから、または、キレイなエコー写真や動画が撮れたら、再度性別判定をお願いすると良さそうですね。

一度依頼料を支払えば、確定までは何度でも見てもらえるので安心してくださいね。

また、R先生の性別判定についての口コミやブログを見ていると、主治医の先生とR先生の判定に違いがあって悩んだという人もいるようです。でも、実際に赤ちゃんが産まれてみれば、R先生の判定が正しかったとのこと。

R先生から完全確定や確定の判定をもらえれば、R先生を信じて良さそうです。

赤ちゃんの性別が知りたくて悩むママはたくさんいると思います。R先生に性別判定をお願いして、1日でも早く完全確定をもらえば、きっと気持ちが軽くなりますね。
 

R先生が性別判定に用いるベビーナブとは?9週でも判定可能?

R先生の性別判定はベビーナブ(baby nub)を使った性別判定です。

とても早い段階から性別判定ができるそうですが、9周くらいのかなり早い段階でも分かるものなのでしょうか?

さっそく「ベビーナブ」について詳しく見ていきましょう。
 

「ベビーナブ」とは

「ベビーナブ」 のnubは突起という意味で、男の子ならペニス、女の子ならクリトリスになる前の性器を指します。nubは9週ごろから作られ、14週頃までは男の子も女の子も同じような形をしています。

ただ、形は同じでも、男の子と女の子では角度に違いがあるんです。この角度の違いから性別判定を行うのが「ベビーナブ」です。

ベビーナブは海外ではわりとポピュラーな、赤ちゃんの早期性別判定で使われる手法です。日本のお医者さんではまだまだ珍しいですが、R先生はまだ研修医の頃からベビーナブでの性別判定が得意だったとか。ベテランの先生でも見分けがつかない時でも、R先生なら判定できていたと言うからすごいですよね。

ベビーナブで判別できる男女の違いとは、

男の子 … 背骨に対して垂直に近い

女の子 … 背骨に対して平行

という角度の違い。

この角度を見るためには、赤ちゃんの横向きのエコー写真や動画が必要になります。

横向きの姿は偶然写ることがほとんどですが、確実に欲しい場合は、かかりつけの先生に「横向きのエコーが見てみたいです」とお願いしてみると良いかもしれませんね。
 

9週からでも性別判定はできる?

さきはど、nubは9週頃から作られると書きましたが、エコーに映るのは11〜12週を過ぎた頃からのようです。

なかにはR先生に9週で性別判定をしてもらったという人もいるようですが、かなりラッキーだったのでしょう。もちろんR先生の判定も完全確定ではないですが、早い段階から見てもらえるのは羨ましいですね。

ベビーナブ」は9週での性別判定は難しいようですが、R先生にダメ元でお願いしてみてもいいかもしれませんよ^ ^

【私の体験談】

私の場合は14週でR先生に性別判定をお願いしました。9週とはいきませんが、かなり早い段階ですよね。

もちろん、主治医の先生からは性別の話なんてないし、私からもまだまだ聞きにくい時期…。

ただ、ありがたいことに、毎回エコー動画はもらえたので、それをR先生に見せて性別判定してもらいました。

R先生の性別判定の結果は「男の子の可能性はないといえます」と確定判定!

性別が分かるどころか、確定判定までもらえるなんてビックリしました。

自分では女の子かな?と、なんとなく考えていましたが、まさか本当に女の子だなんて…!と嬉しくてたまりませんでした。

早い段階から分かったことで、「女の子ならこんなことしたいな〜」なんて、赤ちゃんに会えるまでの毎日をワクワクして過ごせました。

そしてR先生の判定通り、産まれてきたのは女の子でした^ ^
 

R先生のベビーナブ手法についてまとめ

・ベビーナブでの性別判定は性器の作られる9週頃からOK

・9週で性別判定してもらえたらラッキー

・ベビーナブでの性別判定に最適なのは13〜14週頃

さすがに9週での性別判定はごく稀ですが、ベビーナブは一般的な性別判定に比べてかなり早い段階で分かるようです。

赤ちゃんの性別を一刻でも早く知りたいママにとっては、ベビーナブで早期判定ができるのは嬉しいことですね。



>>産み分けしたいカップル必見。自宅で気軽に産み分けできる話題の方法とは